ピルは避妊目的で使用するにはとても効果的なお薬となっています。しかし使用するにあったて注意しなければならないこともありますので、必ず使用前にピルの注意事項など確認してから使いましょう。

腟外射精を防ぐためにピルを併用

妊娠の科学的なメカニズムはとても複雑ですが、要するに膣内に精子が入る事がそのきっかけとなります。
受精卵に精子がたどり着き、そこで双方が結合する事で初めて妊娠が始まります。
精液を飲む、カウパーが肌に付く、避妊具を装着したペニスを挿入するだけ等、
こういった行為では精液が膣内に入りませんので、原則妊娠の確率は限りなくゼロに近いです。

健全な男女交際において、ゴム着用は男性側のマナーですが、世の男性陣はいわゆる膣外射精でセックスする事を好みます。
俗に外出しと言われる手法であり、アダルトビデオでは頻繁に出てくるシチュエーションになります。
そのため、その影響を受けた若い男性が模倣する事が多く、ゴム無しのペニスをあえて挿入し、快感をピストンで高めた後、射精寸前で陰茎を抜き取り、女性の顔や手、お腹に精液をかけます。
膣外射精は男性の征服感と性的快感を満たせる行為であり、それを求める人々は多いです。

ただ、女性からすれば膣外射精をされると、顔面や身体中に精液が毎回かけられる事になります。
精液は無害な物質ですが、無理やり顔にかけられて喜ぶ女性はいません。
しかし、彼氏に我慢を強いるのは可哀想、そういった板挟みの思いに悩む方々もいます。

そういった場合はピルで膣外射精を防止する案が効果的です。
低用量ピルまたはアフターピルを決められた通り、服用しておけば膣内射精しても妊娠を高確率で避けられます。
膣外ではなく膣内に切り替えてあげれば、男性側も喜んで中で射精してくれます。
男性の本能は膣外よりも膣内射精に歓びを感じますので、それを断る事はありませんし、強引なアダルトビデオのようなセックスではなく、文字通り愛情を優しく注ぎ込まれるようなラブラブっぷり溢れる性行為がピルによって楽しめます。