ピルは避妊目的で使用するにはとても効果的なお薬となっています。しかし使用するにあったて注意しなければならないこともありますので、必ず使用前にピルの注意事項など確認してから使いましょう。

性病に気をつけピルで更年期改善する

何となくピルの服用に抵抗があるとして、避妊はコンドームだけという女性も多いのではないでしょうか。
日本で避妊といえば、コンドームが主流です。

ピルは副作用が強いというイメージが定着しており、服用に難色を示す方が多いようです。
しかし、コンドームは避妊率が約8割程度しかない為、コンドームをつけていたからといって安心はできません。
これは、10人に1人から2人はコンドームをつけていても、妊娠してしまうという事です。

破れていたり、つけるタイミングが悪いと避妊率はグンと下がってしまいます。
一方ピルの場合、正しく服用すればほぼ100%の確率で避妊の効果を得られます。

避妊を第一に考えるのであれば、ピルは非常に有効な手段なのです。
ただ、コンドームとは違い性病を予防する効果はありません。
ですので、避妊はピルで性病予防はコンドームで対処しましょう。

避妊効果だけに注目されがちなピルですが、実は更年期障害の緩和にも有効と言われています。
更年期障害は閉経する約10年前後、年齢にすれば約40代後半から50代前半に起こる症状です。
卵巣の機能が急激に落ちてしまう事から、体内のホルモンバランスが一気に崩れてしまい、様々な不調が現れます。

イライラする・眠れない・疲労感やほてりなどを感じる女性が多いようです。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンと同じ作用をする、ホルモン剤が含まれています。
服用する事によって、体内の女性ホルモン量を一定に保つ事ができる為、ホルモンバランスが崩れる事で起こる更年期障害を軽減する事が可能です。

「更年期かも・・」と不安な方は、婦人科を受診して、ホルモン量が低下していないかの検査を受ける事からはじめてみましょう。