ピルで避妊効果を高めよう!

ピルは避妊目的で使用するにはとても効果的なお薬となっています。しかし使用するにあったて注意しなければならないこともありますので、必ず使用前にピルの注意事項など確認してから使いましょう。

ピルの避妊効果とは

ピルには避妊効果があると言われていますが、身体の中でどのように作用して避妊することができるのでしょうか。
ピルには女性ホルモンの黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれています。女性の生理周期はこの2種類の女性ホルモンの分泌量の変化によって引き起こされています。ピルに含まれている黄体ホルモンがもうすでに排卵をした後と同じような状況を体内で作り出し排卵を抑制する効果があるため、避妊をすることが可能になっています。また、排卵され、受精した受精卵があったとしても、受精卵が着床するための子宮内膜が十分な厚さがなければ妊娠することは出来ません。卵胞ホルモンは子宮内膜を厚くし、受精卵のベッドのようになる役割があるのですが、ピルを服用していると黄体ホルモンも同時に体内にあるため、子宮内膜受精卵が着床するために十分な厚さになることができないのです。それと同時に精子が入り込む子宮頚管で分泌されている粘膜の粘度を上げるため、精子が子宮に入り込めないようになってしまいます。これらの複合的な作用により、ピルを服用することで妊娠してしまうことを避けることができるようになっています。
これらの働きを利用して、生理中の経血が多い経血過多の治療や女性ホルモンのバランスが原因だと言われているPMSや更年期障害、生理周期が安定しない生理不順にもピルが利用されています。
もし、ピルを服用中に妊娠をしたくなった場合にはどうすれば良いのでしょうか。その場合はピルの服用をやめるだけです。服用をやめることで冬眠していた状態の卵巣が目覚めて、再び排卵を始めるからです。服用をやめてから1か月程度で再び妊娠できるようになると言われています。

■望まない妊娠は必ず防ぎましょう
アイピルでしっかり避妊